インプラント治療は歯医者の技術次第で口元美人に!

〇東京都に在住の方はインプラント治療を東京で行うと良いでしょう。

「女性の美しさは口元で決まる」という言葉を耳にした方も多いと思います。
キュッと口角が上がり、白い歯を見せて笑う女性はとても輝いてみえます。
一方で、歯並びや歯の美しさに自信がなく、思いっきり笑えない方は美人度も半減してしまいます。
せっかくアイメイクや髪型をばっちり決めても、口元が残念だと元も子もないということです。
最近では「マスク美人」という言葉も流行り、コンプレックスの口元を隠す女性も増えています。
しかし、マスクで隠された口元ではあなたの笑顔という武器も封印されてしまいます。
真の笑顔美人になりたいという方は、思い切って審美歯科に来院してみてはいかがでしょうか。

最近は、美容目的で歯科に通う方が増えています。
その主な目的は、インプラントによる歯列矯正でしょう。
一般的なワイヤーを使った歯列矯正と違い、人口の歯を新たに埋め込むことで歯の色と形も綺麗になる上に、治療が短期で終わることが特徴です。
このインプラント、歯医者の技術次第で大きく見た目が変わってくるために、歯科選びは重要であると言えます。

インプラントを考えている方に、インプラントの注意点や入れ歯との違いを説明します。
まず入れ歯とは、取り外しができる人工の歯のことで、主に永久歯が粗悪になった高齢者が使用します。
部分入れ歯と総入れ歯があり、健康保険が適用になるものと自由診療で作るものがありますが、多くは健康保険が適用されます。
長年世界中で使われてきた義歯であり、多くの歯科で作成することができます。
また、取り外しが可能で洗浄用品も広く世に出回っているため、常に清潔な状態が保てます。
一方で、天然の歯に比べてかむ力が弱く、違和感が出やすいというデメリットもあります。

一方で、インプラントとは歯茎から神経を取り除いて人工の歯根を埋めこみ、その上に義歯をかぶせる方法です。
入れ歯との大きな違いは、一度作ったインプラントは取り外せない点にあります。
その分見た目も自然であり、ちょっとやそっとのことでは外れることがないというメリットがあります。
また、部分入れ歯と違って残っている天然の歯をできるだけ残せるという点も、心理的な安心感に繋がります。
一方で、自由診療による治療がほとんどであるため、歯1本当たりの費用は10万円以上かかるのが一般的であり、非常に高額な出費を要します。
そのため、全ての歯を入れ替える際には100万円以上かかる場合もあるでしょう。
また、まだまだ新しい治療法であるため、不具合が出たという声も多く、対応可能な歯医者も少ない状態です。

インプラント治療を受ける際には、治療後の不具合を最低限にするためにも、施術経験の多い歯医者を選ぶことが重要になってきます。
歯科を選ぶ際には多数の治療実績を持ち、さらにアフターケアの補償や定期健診をすすめる歯医者を選びましょう。
インプラントの施術後においては、歯根が腐っていないか、かぶせ物の中で残した天然歯に虫歯が生じていないか、歯茎に異常がでていないかなど、チェックすべき健康項目が多くあります。
後で痛い思いをして辛い日常生活に支障をきたさないためにも、定期検診は必ず受けましょう。